Home>不動産>株投資の基礎を知ろう!
不動産

株投資の基礎を知ろう!

【株の買い方について】

始めて株を買うときに注意してほしいのは、1単元で保有するのではなく、2単元以上の複数単元で保有する事がおすすめです。

  1. 株価が上がったら

1株10万円の株を1株購入したとします。そして株価が20万円まで上がった場合、売って利益確定したい気持ちと、もう少し待ちたいという気持ちで 揺れると思います。人の心理的に後者で欲がでる人が多いはずです。しかしそれを2株持っていたら選択肢は増え、1株は利益確定、もう1株は保有する事がで きます。この戦略は利益を得ながら、もう一方は上がるのを待つ事に備えられます。

2.株価が下がったら

先程と同じで株価10万円とします。1株保有で8万円になったとします。株価に影響をきたすものはないのに下落している場合どうしますか。そんな時 は始めに損切りラインを決め、8万円になったら自動的に売るのもよいですが、2株の場合はどうでしょう。悪い影響が出てはいないので、反発もありえます。 株を2株以上持っていれば1株は損切りして、もう1株は反発を目して保有継続という選択ができます。株価の上がり下がりに関係なく選択の余地は広がりま す。最低単元のみの保有は動きが取りにくく、なるべく2株以上保有しておく事がおすすめです。ここで注意しておいてほしい事は、複数単元のほうが有利にな るものの、手持ちの資金をいきなり全額投資するなんて事は危険です。株価が大幅に下がった場合は大損になります。ナンピン買いもできず、分散投資も難しい のでリスクがかなり高くなります。

株価の上がり下がり、購入金額や保有する株の単元数などを考え株式投資を楽しんでください。