Home>話題>ギフト券で交換できるお勧め商品
ccc386c676f17336a46dac490d05de91_s
話題

ギフト券で交換できるお勧め商品

金券ショップでギフト券が販売されていますが、ご利用されたことはありますか?券面額の2~4%の割引価格で販売されています。例えば10,000円の旅行券なら9,600円~9,800円で販売されているので結構お得です。夏の家族国内旅行は50,000円~100,000円が予算内のようなので、2,000円~4,000円のメリットがあります。それら以外にも、ギフト券で交換できるお得な商品があるのでご紹介していきます。
① ビール券
贈答用として便利なビール券は「大瓶2本」用などの券種になります。しかし、ビール2本の券というより2本分の商品券として考えた方がよいです。具体的には、例えば大瓶2本の券種は724円の商品券と考えられます。次にビール券の便利なところは、ドラッグストアや酒屋さんでビール以外の購入も出来る事です。生鮮食料品の販売も手掛けていて、値ごろ感のあるドラッグストアが増えているので思わぬ享受が期待できます。金権ショップでビール券の取り扱いも多いので、安く購入できる金券ショップを調査してまとめ買いをしましょう。しかし、問題なのはビール券に有効期限が設定されてしまったところです。まとめ買いには使用頻度を考慮してください。
② ハーゲンダッツ引換券
ミニカップギフト券は2個と引き換えができるギフト券で、682円で販売されています。しかし、ハーゲンダッツのミニカップは1個341円の販売なのでしょうか?近隣のスーパーでは200円を切る販売価格です。まともに購入してもお得感は無いギフト券です。差額についてお釣りが出るかはお店の裁量に任されているようです。金券ショップを調査して682円より安く購入でき、差額のお釣りが出るならばメリットが増えるギフト券といえるでしょう。近隣のスーパーで2枚4個の引換券でしたが、安い価格の販売なので6個購入できました。いづれにしても、贈答用としては嬉しいギフト券です。
③ おこめ券
全国米穀販売事業共済協同組合が発行しているギフト券です。お米券1枚当たり1㎏のお米と交換できるのですが、実際は1枚で440円の商品券と考えた方が分かりやすいです。販売は1枚500円でされているので、差額60円は発行手数料と考えると、金券ショップで安く購入しないとメリットの無いギフト券です。お米券ですが、実際は他の商品の購入にも使えるので商品券と考えるとよいでしょう。金券ショップで440円より安く購入できればメリットのあるギフト券です。有効期限が無いのも魅力ですね。
ギフト券で交換できる商品として①~③まで挙げてみましたがいかがでしたか?基本は交換できる商品が決まっていますが、他の商品の購入に充当できるか見極めが必要です。可能な店舗が近隣にあるなら強い味方です。一般的には交換できないが前提で使用制限のあるギフト券は、その分金券ショップの販売価格も下がる傾向にあります。これらのギフト券は、購入される方の近隣店舗の使用可能状態によって左右されます。日常的に使用できるギフト券かを考えて購入されるとメリットを最大限享受できるようになります。