Home>IT>リスティング広告は広告表示オプションで差が付く
20180129_01
IT

リスティング広告は広告表示オプションで差が付く

広告表示オプションとは、広告に、住所・電話番号などの情報を加えて表示する機能で、「Google AdWords」と「Yahoo!スポンサードサーチ」では設定出来るものが違いますが、様々なオプションが存在します。
オプションを活用することで、掲載順位にも良い影響があるとされているので、より効果的なオプションを設定したいものです。

 

1.サイトリンク表示オプション・クリックリンクオプション

サイトリンク表示オプション・クリックリンクオプションとは、通常の広告文に加えて、サイト内の別ページへのリンクを表示する機能です。
複数のテキストを記載することで、ニーズに合わせたページへ効果的に誘導することができます。

 

2.コールアウト表示オプション・テキスト補足オプション

コールアウト表示オプション・テキスト補足オプションとは、通常の広告文に加えて、サービスの特徴や情報などのキャッチフレーズを表示する機能です。
サイトリンクとは違い、テキストのみの表示となり通常の広告文だけでは伝えきれない部分をアピールできます。

 

3.電話番号表示オプション・電話番号オプション

電話番号表示オプション・電話番号オプションでは、スマートフォンの場合、表示された電話番号をタップするだけで直接電話をかけることができるため、ユーザビリティが非常に高いオプションとなります。
表示する時間設定も可能なため、営業時間のみの表示とすることもできます。

 

4.レビュー表示オプション

レビュー表示オプションとは、開発・販売元とは関連のない別サイトにある評価を広告として表示させる機能で、飲食店や美容室などでユーザの期待感をアップする効果があります。

 

5.プロモーション表示オプション

プロモーション表示オプションとは、通常の広告文に加えて、販売セールやプロモーションなどを表示する機能です。
キャンペーン実施時にキャンペーンページへ直接誘導することができます。

 

ほかにも、いろいろなオプション機能が存在しますが、サイトの内容や商材によりオプションを使い分け、ランキングアップを目指したいです。