リスティング?PPC?集客に効果的なの広告はどっちか、またそれぞれの違いについて

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s

WEBサイトで効果的な集客をしたいならSEO対策やネット広告が必要となってきます。

弊社顧客からは「リスティングの効果をもっと高めたい」、「PPC広告やるにはどれ位予算が必要?」などという専門的な言葉での依頼が増えたように感じます。

ところで、あなたは「リスティング広告」と「PPC広告」の違いについてはご存知ですか?

これらの言葉の違いをあまり意識せずに使っている人も多いと思います。 
しかしリスティング広告とPPC広告はそれぞれ明確に異なります。

 

まず、どのような点で違いがあるのでしょうか?

●リスティング広告とは
検索エンジンなどの検索結果ページに掲載される広告のことを言います。検索語と関連性の高い広告を選択して表示され、また検索結果に合わせてテキスト広告になっていることが多いです。
 広告の表示形式は、タイトル、本文、リンク先URLやドメイン名などで作成されるテキスト広告が中心となり、閲覧者が広告をクリックすることによって課金がされるクリック課金型で販売されます。

●PPC広告とは
インターネット広告の課金方式の一つをいいます。 広告となる文章や画像などに広告主が提供するWebサイトへのリンクを予め設定しておき、リンクがある程度の一定回数をクリックされるまで広告掲載を行っていくという方式のことです。 契約期間中にクリック回数が予定数に満たない場合は掲載期間を延長したりします。広告の表示回数に応じて課金を行う「インプレッション保証型広告」と比較して、費用対効果がより明確なのが特長です。
 

 

 

それなら、集客するならリスティング?PPC?

●専門商材に特化したWEBサイト広告を設置したい
●安価な広告費で大量のトラフィックをしたい

このような場合はリスティングではなくPPCで広告運用することをおすすめしますが、
そうでない場合、どのような商材にも合った運用ができるのはリスティング広告となります。

◆まとめ

リスティング広告はYahoo!とGoogleそれぞれに出稿できます。
それぞれどのような商材でどのようなキーワードを設定するかによってクリック単価やインプレッション数などが異なりますので、どちらも始めは低予算で試してみることをお勧めします。