幸運を呼び寄せる朝活

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

最近、耳にするようになった「朝活」。これは、いつもより早く起きてその時間を有効的に使うこと、何か活動をすることを言います。自分磨きのために、その時間をダイエットの士官にしても良いし、豊かな生活を目指して日々の記録をとる時間にしても良いし、その時間の使い方は人それぞれです。では、朝活についてメリットやデメリットなどを紹介していきます。

 

●朝活

◇メリット

・作業に集中することができる。

一日の中で最も集中力が高まるのは朝です。その理由は寝ている間に、脳の中にある記憶が生理されているからなのです。なので、例えば仕事。夜遅くに仕事をするよりも、朝仕事を進めた方が高い集中力で効率よく仕事を進めることができます。

・生活リズムが整う

もちろん朝早く起きるためには、早い時間に就寝しなくてはなりません。なので自然と人間の本来あるべき姿で生活するようになります。しっかり寝ることで、体調面もぐっと良くなりますし、朝活をすることで脳もシャキっとします。

・自分の時間が増える

一日24時間は全ての人に平等に与えられた時間です。しかし、時間の使い方は人それぞれ。しかし、ほとんどの人に共通しているのは、朝の5分と夜の5分は長さが全然違うといいうことです。朝、起きて家を出るまでの間「あと5分あれば良いのに。」と思ったことのある人は多くいるでしょう。しかし、朝早く起きることで自分の時間が作れます。この時間は何をしても良いのです。のんびりした気持ちでゆっくりと朝食をとるのもいいですね。勉強をしてみるのも良いですね。出勤前に一仕事をしてから出発すれば帰宅時間が早くなるかもしれません。このように、自分の時間を自分で作ることで豊かな暮らしに近づいていきます。

 

◇デメリット

これはただ一つ。睡眠時間が限られるということです。なので、帰宅時間が遅いという方に朝活を取り入れてしまうと睡眠時間が削られ、逆に疲れがとれなかったり、朝起きたときに頭がぼーっとしていることも。なので、自分の生活リズムを見直してから無理のない範囲でするとよいでしょう。

 

 

●朝活での目的を明確にしましょう

朝早く起きても何をやるのか決まっていない状態だと、早く起きてもただぼーっとしていたり、二度寝してしまったりなどあまりよい朝活に入ることができません。朝活では何をするのかを明確にすると、朝活への意欲は変わってきます。

ニュースを見る、散歩をする、勉強をする、なんでも良いので明確にして、紙に書きだしておくと更に良いです。

毎日同じことでなくても良いのです。寝る前までには、明日の朝活では何をするのか決めておきましょう。

 

 

朝活に決まりはありません。自分がどうなりたいのか、何をしたいのかが明確になってうると朝活は充実した時間になっていきます。また、その朝活が心も体も健康にさせ、暮らしが豊かになっていきます。無理のない範囲で、自分が朝活を楽しめるよう、早寝をするなどの良い習慣が身に付くと良いですね。