Home>旅行>温泉ならここ!越後湯沢温泉編
bf6823211fcdbb84b19563915460fab1_s
旅行

温泉ならここ!越後湯沢温泉編

越後湯沢と言えば、雪国です。
川端康成が書いた「雪国」の舞台にもなった温泉街であり、都心では絶対に体験することができない非常に大きな自然の息吹を感じることができます。
また、越後湯沢駅には、観光スポットとして有名な日本酒ミュージアムがあり、日本酒を買ってからお宿に行くというのも一つの手です。
そんな越後湯沢温泉でおすすめのお宿をいくつかご紹介していくので、旅行の宿泊先の参考にしてみてください。
越後湯沢は、冬の景色が印象的ですが春夏ともにとても美しい自然を感じることができるので、いつ行っても楽しめるような場所です。

・雪国の宿 高半
その名の通り、このお宿で川端康成が「雪国」を書いたことで知られています。
創業900年という、かなり歴史を感じるお宿ですが、古臭さはなく、川端康成が宿泊したという部屋も現状保存されています。
当然、見学もできるので文学好きな人や「雪国」を読んだことのある人は、一度行ってみても損はないお宿です。
高半の魅力は、それだけではなく、お湯にもあります。
自然に43度で湧き出る「卵の湯」は奇跡の湯とも言われていて、入るとトロトロのお湯に身を包まれて、まるで卵のような肌に生まれ変わることができます。
【詳細】
住所)新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢923
電話)025-784-3333
アクセス)越後湯沢駅から送迎バス(連絡必要)

・御湯宿 中屋
越後湯沢温泉のお宿は多くの場合がかなりの歴史を持っているお宿が多く、中屋の場合も創業400年を超える歴史を持っています。
外観もかなりの大きなお宿だということがわかりますし、高台に位置しているため、非常に景色が良いです。
そのため、中屋の自慢は谷川連峰をパノラマで見ることができる展望露天風呂で、越後湯沢に来たら一度は入ってみたいと思っている人も多いですよ。
歴史がありますが、古い感覚はまったくなく、お客さんがどんな風に過ごすことを望んでいるのかまるでわかっているような客室作りには脱帽してしまいます。
プライベート空間で、温泉も食事も楽しみたい人におすすめです。
【詳細】
住所)新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢924
電話)025-784-3522
アクセス)越後湯沢駅から徒歩20分

・双葉
78も客室があるので、比較的予約が取りやすいかもしれません。
ただ、その分人気もあるので、きちんと日程は確認してくださいね。
規模の大きさは越後湯沢温泉でも1、2を争うくらいの大きさで、バリアフリー対応や10人でも利用できる邸宅風の客室などたくさんの種類にわかれていて、非常にバラエティ豊かです。
どんな人でも泊まりやすく、みんながゆっくりできるお宿として、双葉は温もりを感じます。
お風呂も空・山・里の3種類の大浴場があり、合わせると実に28ものお湯に浸かることができるので、とても楽しめます。
【詳細】
住所)新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢419
電話)025-784-3357
アクセス)越後湯沢駅からタクシーがおすすめ

・HATAGO 井仙
ニュースタイルの温泉宿として、最近越後湯沢温泉の中でも人気を呼んでいるお宿です。
どんなところがニュースタイルなのかというと、古い旅館をリノベーションして作られたお宿で、古さと新しさが融合した伝統も感じられるお宿になっています。
フロントの隣には囲炉裏があり、まるで田舎の親戚の家に来たような感覚にさせてくれます。
どこか、懐かしく、でも新し差も感じられる不思議なお宿です。
お部屋の作りも非常に洗練されていて、計算し尽くされているのでは?と思うくらいのセンスなので、おしゃれなところがいいけど落ち着きがある方がいいという人にはおすすめです。
【詳細】
住所)新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2455
電話)025-784-3361
アクセス)越後湯沢駅からすぐ

・いなもと
おもてなしに特化したお宿です。
踏み込んだ接客はせず、心地よいタイミングを声かけをすることを徹底されているので、サービスをしっかり受けているのに、どこか自然で肩肘張らない旅を体験することができますよ。
また、いなもとの温泉は源泉掛け流し100%なので、常に新しいお湯を皮膚や毛穴に感じることができ、取り込むことができるという良さもあります。
ゆっくりとした時間を過ごしたい人にとってもおすすめですよ。
【詳細】
住所)新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2497
電話)025-784-2251
アクセス)越後湯沢駅から徒歩15分

このように、かなり多くのお宿がそれぞれのこだわりをもって営業しています。
温泉や食事、サービスなど特色も様々なので、自分が何を期待して越後湯沢温泉に行くのかを考えながらお宿を決めてみてください!