Home>美容>育毛剤と発毛剤の違い
美容

育毛剤と発毛剤の違い

ドラッグストアなどには育毛剤や発毛剤が売られていますが、違いがよく分からないという方もいると思います。
この2つは名前が似ているのですが、効果や使用の目的が大きく違ってきます。
ここでは、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介します。
○使用目的の違い
育毛剤はすでに生えている毛に働きかけ、成長を促進させたり、抜けにくくしたりするものです。
これに対して発毛剤は、毛が抜けてしまったところに再度、新しい毛を生やす効果を持っています。
毛母細胞に働きかけ、直接発毛を促進します。
○法律上の区分の違い
法律上の区分にも大きな違いが存在します。
薬機法の定めでは市販の育毛剤の多くは医薬部外品ですが、治療効果が認められた発毛剤として市販で売られている商品は、第1類医薬品として厚生労働省から認定されているのです。
第1類医薬品は効果が高いというメリットがある分、副作用の可能性や使用方法に注意が必要なので、薬剤師の指導の元、ドラッグストアで販売されています。
一方、医薬部外品は、病気の予防のみを目的としています。
厚生労働省が許可した有効成分を含んでいるものの、劇的な病気の治療効果は認められません。
その代わりに、副作用が起こるリスクが低く、ドラッグストア等で手軽に購入する事が可能です。