Home>美容>育毛成分の攻めと守り
美容

育毛成分の攻めと守り

女性用の育毛剤の成分には、大きく分けて攻めと守りの2種類が存在します。

攻めとは、毛乳頭や毛母細胞を刺激したり、成長因子を取り入れる事によって積極的に髪の毛を生やす成分の事です。

守りは、血行を促進したり、頭皮の炎症を抑えたり、紫外線のダメージをケアしたり、抜け毛の原因となる成分の働きを抑えたりする成分
の事です。

一見、攻めの成分だけでも良さそうに思えますが、頭皮が荒れ放題ならばどんなに刺激しても太くてしっかりした髪の毛は生えてきません。

痩せた土地にどんなに種をまいてもいい植物が育たないように、頭皮環境を整えない事にはどれだけ刺激しても育毛効果は得られないのです。

また、20~30代の場合は、頭皮環境を改善するだけで薄毛・抜け毛が改善する場合もあります。
攻めと守りの両方を意識してこそ、良い髪の毛を育てる事が出来るのです。