Home>不動産>FX初心者が失敗しないために知っておく事
不動産

FX初心者が失敗しないために知っておく事

  1. FXでやってはいけない事

確証のない取引

FXを勘で行うと、取引を客観視出来ずいつまでも上手く行きません。取引のシステムは簡単で、初心者でも始められるのでチャートのみを見て判断される方が多いです。そうならないためにテクニカル分析とファンダメンタルズ分析が重要です。

強制ロスカット

初心者は損切り出来ず、強制ロスカットを受ける場合が多いです。何故なら、損をしたくないという感情を上手く抑えられないからです。その結果、暴落し大損失するパターンがあります。損切りは始めに設定した価格になったら自動的に売る方法を取るなどの対策をしましょう。

高レバレッジによる証拠金不足

初心者が陥りやすい失敗の一つが高レバレッジ。高レバレッジは価格変動が少しでも大きな損失になり、それが自分の資金を超える事があります。自分の 資金では賄えない程の高レバレッジを設定し、証拠金維持が一定を下回ると強制ロスカットになります。初心者の高レバレッジ取引は危険です。きちんとした戦 略を立てましょう。

  1. リスクヘッジ法

デモトレード

デモトレードは冷静に分析でき、損切りを行えるため初心者にはおすすめです。お伝えした通り感情をコントロールし、損を出すのは初心者にとってハードルが高いです。まずは重圧のない冷静な判断を行う練習をしましょう。

少額での取引

実際の取引では、まず少額での取引でリスクヘッジがおすすめです。デモトレードとは違い、現実のものになるため感情が入ります。初めから高額な取引は危険です。

損切りのタイミング

損切りは早めにする事で損する額を少なくできます。そしてその資金を次の取引に使えます。初心者の損切り額は総資金の1%から2%くらいが基本です。続けて損切りしても資金に余力があり、時間や精神面、金銭面でも負担が少なくなります。

以上の事に注意しながら、FXを楽しんでください。失敗しないためには、経験と戦略が重要です。