Home>IT>Javaとは何か?
スクリーンショット 2017-10-23 18.40.31
IT

Javaとは何か?

Javaとは、アプリ開発で使用される人気のプログラミング言語です。

Googleが主に開発に用いている「Google三大言語(Java、C++、Python)」のひとつでもあり、とても応用力のある言語として昔から人気を誇っています。

ちなみに、よく間違われるのですが語呂が似ている「JavaScript(ジャバスクリプト)」とは全く別の技術です。

Javaは、大企業での大規模システム開発やAndroidアプリの開発などを得意とされています。


Javaの最大とメリットはどんなコンピュータでも使えるという事です。
「JVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)」というもので動いています。

Java仮想マシンはその名前の通り、Javaの為に擬似的に作り出されたマシンの事をいいます。

このマシンの上でJavaが動作します。

例えるのであればJava仮想マシンは「コンピュータ本体との通訳者のようなもの」で、Java仮想マシンさえ動作すればJavaはどんなコンピュータ上でも利用することが出来ます。

Javaで開発しておけば、OSを入れ替えてもプログラムはそのまま使用することが出来るのです。

 

逆にJavaのデメリットとしては、初心者には技術的に難しいという事です。

Javaで仕事として開発を行う場合には、大規模なシステムを作る機会が多いので後から拡張しやすいように将来を見据えた設計が必要になります。

これは文法レベルの問題ではなく広い知識や経験が必要になります。

下手な設計をすると根本から作り直すようなはめにも陥る可能性があり、中途半端な技術で扱うものではないのです。