Home>IT>Webページ表示速度がモバイルのランキング評価項目に!
3eb073671fd7f2d39590934348dd54e9_s
IT

Webページ表示速度がモバイルのランキング評価項目に!

Googleは公式ブログで、2018年7月からWebページの表示速度(読み込み速度)を、モバイル検索(スマートフォンを使ってGoogle検索をする)での表示順位を決めるランキングシグナルとして使用すると発表しました。

以前からPC向けの検索結果では、Webページの表示速度が評価項目として使われていましたが、今後はモバイルでの表示速度対策も必要となります。

 

影響があるのは表示スピードが著しく遅いWebページに限ってのようですが、モバイルでの表示スピードが遅くなる要因としては、画像サイズやCSS、JavaScriptなど様々あり、その改善にはかなり労力がかかります。

レスポンシブでモバイル対応をしている場合には、PC向けサイトの表示サイズをモバイル向けに変更をしているだけですので、表示が遅くなる傾向があります。

PC向けに使っている画像が大きすぎるため、表示スピードに影響を及ぼすことがあるのです。

ですので場合によっては、モバイル向けのWebサイト(同一URL)を用意するなどの対策が必要となります。

 

ただし、表示速度が評価項目に追加されたとしても、SEOにおいてコンテンツの中身が大事であることに変わりはありません。

どれだけ表示速度が早くても、検索している人が必要としているコンテンツを提供できていなければ意味はありません。

表示速度が遅くてもコンテンツ自体が魅力的であれば、高い順位に表示される場合もあるのです。